新築住宅建築中(工事中)の第三者検査なら
新築一戸建て住宅・新築マンションの内覧会同行・立会い(竣工検査)なら
新築一戸建て住宅・新築マンションのホームインスペクションン(住宅検査・住宅診断)なら

あすなろホームインスペクション(中古一戸建て・中古マンション)

『あすなろホームインスペクション・サービス』では、中古一戸建て住宅や中古マンション等の中古住宅購入前や入居後に、専門家(ホームインスペクター:住宅診断士)が建物のコンディション(不良箇所・劣化状況等)をホームインスペクション(目視や触診等による住宅診断)することによって、あなたがマイホームを購入する際の購入の判断材料とすることができます。また、これからの生活に支障をきたす要因をいち早く発見することで想定外のトラブルを未然に防止安心して生活することができます。中古住宅を検討した際には、ホームインスペクション(住宅診断)の実施をお薦め致します。

*
あすなろホームインスペクションサービスの対象となる方

・ 中古一戸建て住宅を購入検討されている方(契約前)
・ 中古マンションを購入検討されている方(契約前)
・ 現在お住まいの御自宅をお売りに出そうかとお考えの方(契約前)

*

*
*
マイホーム購入前のシーンで…

あなたが持つ不安

  • 以前から気になっていたあの中古住宅が気に入った。しかし何か欠陥はないだろうか?でもどこをチェックしたら…
  • この中古住宅、築年数が浅いのに見た目良くないなぁ~。構造や見えない部分に問題があるかもしれない?専門家の調査(ホームインスペクション)が必要かも…
  • 内見の時に天井にシミ跡があったが…雨漏りはしていないだろうか!?
  • 中古住宅購入後リフォームをしたい。色々な場所を変更しても問題ないだろうか?ホームインスペクションでわかるかもしれないなぁ…
  • 購入検討している中古住宅はあと何年くらい住めるだろうか?建物の状態を詳しく知りメンテナンスの必要箇所を知りたいけど…
  • 住宅診断を行って、もし問題がある建物だったらあきらめよう。しかし、次の物件でも住宅診断するとなると費用がかかってしまうなぁ…
  • 購入後、建物に関することで相談できる人がいれば安心できるかも…etc
*
*
『あすなろホームインスペクション・サービス』をご利用されたら…

あなたが得られる安心

  • ホームインスペクション当日に診断結果を聞くことができ、また診断後3日以内に詳細な報告書が提出されます。よって、中古住宅購入の意思決定が僅か数日でできるので、2番客に先を越される心配も軽減されます。
  • ホームインスペクション報告書には、劣化事象や不具合箇所の補修緊急度が3段階に分けられている為、優先すべき補修箇所が明らかになります。購入直後にかかる補修費用算出も可能になるため、親御さんに具体的な資金の相談もしやすくなる。。。
  • ホームインスペクターのホームインスペクションにより、客観的に建物状態の情報を収集することができます。築年数だけで判断できなかった建物状態の不安が減り、短期間に住宅購入を冷静に検討することができる方法です。
  • ホームインスペクションでは、100項目以上もある住宅の各部を診断するため、平均20~30箇所の劣化事象や不具合箇所がわかります。欠陥住宅購入のリスクを回避したいあなたにはうってつけの方法となります。
  • 中古住宅購入後のリフォームについてもアドバイスを気軽に受けることができます。またホームインスペクション報告書には、リフォームや補修すべき時期の目安が記載されており、メンテナンス計画が立てやすい。適切なメンテナンスを行うことで住宅の基本的性能は維持できるので、あなたが気に入った住宅は10年20年と安心して住むことができます。
  • 住宅診断を行い、まさかの結果により購入を見送ったとしても、2件目の住宅診断が無料なので、得体の知れない初めてのサービスでも安心して利用できます。また同時に複数の物件購入の検討も可能に。。。
  • ホームインスペクションサービスでは、購入後、様々な住宅に係る問題に対して、無料で電話やメールでご相談に応じるアフターサービス(永年)があるため、いざという時、専門家に相談できる安心感が得られます。
*
*
ホームインスペクションとは

ホームインスペクション(住宅診断)とは、住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、第三者的な立場から、また専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見きわめ、アドバイスを行う専門業務です。

住宅の購入前や、ご自宅の売り出し前にホームインスペクションを行うことで、建物のコンディションを把握し、安心して取引を行うことができる。ホームインスペクションの方法は、目視で、屋根、外壁、室内、小屋裏、床下などの劣化状態を診断するのが基本で、機材を使用する詳細診断もあります。ホームインスペクター(住宅診断士)は住宅の「かかりつけのお医者さん」です。

ホームインスペクションの必要性

中古住宅を購入後、『こんなはずじゃなかったぁ』と後悔する人は案外多い様です。中でも購入後、建物に不具合箇所が見つかり修繕費がかかったという例は少なくありません。それは購入前に建物のコンディションをしっかりと把握しなかったことが原因だったのです。よってこれからの中古物件売買時にはホームインスペクション(住宅診断)が皆さんにとって重要になってくる訳です。

  • 【ホームインスペクション利用者の声】
  • 『ホームインスペクションは、大きな買い物をするにあたって安心を与えてくれました。』
  • 『丁寧なホームインスペクションにより、安心して購入に踏み切れました。』
  • 『ホームインスペクションで耐震性の問題が見つかったが売主に補修してもらえた。』
  • 【ホームインスペクションのメリット】
  • ◆専門家によるホームインスペクションで、住宅の問題箇所が事前にわかり安心して購入することができる。
  • ◆ホームインスペクションで「欠陥住宅」や「不利益な住宅」をつかむリスクを回避できる。
  • ◆いつ、どこに、いくらかけて補修又は改修すればよいか?ホームインスペクションを行い、計画を立てることができる。
  • ◆住宅の修繕箇所、改善点などの要望をホームインスペクションをもって売主側に根拠を持って主張できる。
  • ◆ホームインスペクションは第三者的立場で行われるため、売主との関係を悪化させる事なく対応を求めることができる。
  • ◆構造、設備など、現状の性能がわかり、買主の立場からみたホームインスペクションの報告やアドバイスを受けられる。
  • ◆ホームインスペクションの報告書を、住宅の資産価値を保つための「家の履歴書」として残すことができる。
  • よって、中古住宅を安心して購入するためには、ホームインスペクション(住宅診断)を実施することが必要となるのです。

    ホームインスペクションの現状から

    現在、我が国の住宅市場には、使用可能な多くの既存住宅があり、今後売買の活性化が見込まれています。しかし、購入者に提供される建物情報の乏しさ、建物コンディションが影響しない評価額の減少など数々の問題点を抱えていることも事実です。

    既存住宅の売買において、購入を検討する人は、建物はまだ快適に住むことができる建物なのか、今後のリフォームの必要性などを知りたいと思っています。しかしながら、専門的な情報を提供すべき不動産仲介業者が正確に建物コンディションの評価を行うことはなかなか容易ではありません。何故ならば、多くの仲介業者は建物の専門的な知識を持っていないからです。

    一方、欧米諸国では建物コンディションを調べる専門家(ホームインスペクター)が存在し、売買時において建物に関する報告書が参考とされています。日本においても、住宅流通市場の中でホームインスペクションは必要不可欠なものになると考えます。今、不動産売買の際に行われる『ホームインスペクション(住宅診断・住宅検査・建物診断・建物検査)』。今後において重要な役割を担っていくことでしょう。

    *



    検査概要

    1

    【ホームインスペクション-箇所】
     基礎、外壁、軒天、屋根、雨樋、シーリング材、配線配管貫通部、設備支持金物、釘、面格子、手摺、テラス、各設備

    【ホームインスペクション-項目】
     クラック、欠損、浮き、捲れ、剥離、破断、変退色、水染み跡、チョーキング、腐食、金物の錆、隙間、変形、ぐらつき等

    2

    【ホームインスペクション-箇所】
     床、外壁、軒天

    【ホームインスペクション-項目】
     クラック、欠損、浮き、捲れ、剥離、変退色、水染み跡、チョーキング、腐食、隙間等

    3

    【ホームインスペクション-箇所】
     床、壁、天井、玄関扉、下足収納、設備

    【ホームインスペクション-項目】
     床鳴り・きしみ、沈み、クラック、欠損、浮き、捲れ、漏水痕、開閉不良、取付不良、動作確認、各部水平垂直度等

    4

    【ホームインスペクション-箇所】
     床、壁、天井、扉、サッシ、設備、収納

    【ホームインスペクション-項目】
     床鳴り・きしみ、沈み、クラック、欠損、浮き、捲れ、漏水痕、ドアの反り、結露痕、動作確認、各部水平垂直度等

    5

    【ホームインスペクション-箇所】
     床、壁、天井、扉、サッシ・勝手口、設備、システムキッチン

    【ホームインスペクション-項目】
     床鳴り・きしみ、沈み、クラック、欠損、浮き、捲れ、漏水痕、ドアの反り、結露痕、設備取付不良、動作確認、各部水平垂直度等

    6

    【ホームインスペクション-箇所】
     床、壁、天井、襖・障子、サッシ、設備、押入・天袋

    【ホームインスペクション-項目】
     床鳴り・きしみ、沈み、畳の反り、クラック、浮き、捲れ、漏水痕、建具の反り、結露痕、動作確認、各部水平垂直度等

    7

    【ホームインスペクション-箇所】
     床、壁、天井、扉、サッシ、設備、洗面化粧台・洗濯パン

    【ホームインスペクション-項目】
     床鳴り・きしみ、沈み、クラック、欠損、浮き、捲れ、漏水痕、ドアの反り、結露痕、点灯不良、動作確認、各部水平垂直度等

    8

    【ホームインスペクション-箇所】
     床、壁、天井、扉、サッシ、設備、便器、換気扇

    【ホームインスペクション-項目】
     床鳴り・きしみ、沈み、クラック、欠損、浮き、捲れ、漏水痕、ドアの反り、結露痕、点灯不良、動作確認、各部水平垂直度等

    9

    【ホームインスペクション-箇所】
     床、壁、天井、入口、サッシ、設備、浴槽、換気扇

    【ホームインスペクション-項目】
     床鳴り・きしみ、沈み、クラック、パネルジョイント不良、浮き、漏水痕、開閉不良、点灯不良、浴槽の亀裂、動作確認、各部水平垂直度等

    10

    【ホームインスペクション-箇所】
     床、壁、天井、サッシ、収納、設備

    【ホームインスペクション-項目】
     床鳴り・きしみ、沈み、クラック、欠損、浮き、捲れ、漏水痕、ドアの反り、動作確認、各部水平垂直度等

    11

    【ホームインスペクション-箇所】
     床、壁、天井、扉、サッシ、設備、収納

    【ホームインスペクション-項目】
     床鳴り・きしみ、沈み、クラック、欠損、浮き、捲れ、漏水痕、ドアの反り、開閉不良、結露痕、動作確認、各部水平垂直度等

    12

    【ホームインスペクション-箇所】
     床、壁、天井、扉、サッシ、設備

    【ホームインスペクション-項目】
     床鳴り・きしみ、沈み、クラック、欠損、浮き、捲れ、漏水痕、ドアの反り、開閉不良、結露痕、動作確認、各部水平垂直度等

    13

    【ホームインスペクション-箇所】
     床、外壁、軒天、手摺、シーリング材

    【ホームインスペクション-項目】
     防水層破断、クラック、欠損、浮き、変退色、水染み跡、チョーキング、 腐食、隙間、変形、ぐらつき等

    14

    【ホームインスペクション-箇所】
     立上り基礎、基礎底盤、土台、根太、金物、束、断熱材、給排水給湯設備

    【ホームインスペクション-項目】
     クラック、欠損、蟻道の有無、鉄筋露出、防湿措置、腐朽、接合部の緩み、未施工、隙間、漏水、湿度、木材含水率等

    15

    【ホームインスペクション-箇所】
     各部材、接合部、漏水、断熱材、測定

    【ホームインスペクション-項目】
     割れ、腐朽、金物不足、水染み跡、隙間、温湿度測定等

    診断基準:インスペクション・ガイドライン

    *
    サービス料金


    【総合調査を“おすすめ”する理由】

    標準調査における床下及び屋根裏の調査は点検口から確認できる範囲となります。よって、確認できる範囲が限定されると建物状態を正しく把握する為の情報が少なくなるため、精度の高い住宅診断ができなくなる可能性があります。

    そんな理由から「床下詳細調査」及び「屋根裏詳細調査」のオプションサービスを付加した『総合調査』をお勧めしております。点検口が無かったり、床下や屋根裏に侵入できない場合は標準調査となります。

    『総合調査』を実施することで建物のコンディションがほぼ明らかになります。

    詳しくはこちら

    *


    お客様の声

    ・この先どの様な補修が必要かが具体的にわかったので、とても安心することができました。(K.T様)

    *

    ・今後直した方がいい部分も分り、リフォームにかかる概算費用も出して頂けたのでとても助かりました。(T.H様)

    詳しくはこちら

    *

    サービスの注意事項

    注1)
    原則として立会い・同行をして頂きます。
    注2)
    事前に売主様に第三者(ホームインスペクター)が立会う旨をお知らせしてください。
    注3)
    現地での指摘箇所の説明、手直し工事等の必要性を説明致しますので、ホームインスペクション終了時には極力売主様に立会いをして頂く様、ご依頼をお願い致します。
    注4)
    中古住宅で現在まだ売主の方が入居中の物件に関しては必ず売主様にホームインスペクションの了承を得てください。
    注5)
    床下詳細調査はオプションとなります。通常のサービスでは点検口など確認可能な所から目視できる範囲が検査範囲となります。事前に点検口の有無をご確認下さい。
    注6)
    屋根裏詳細調査はオプションとなります。通常のサービスでは点検口など確認可能な所から目視できる範囲が検査範囲となります。事前に点検口の有無をご確認下さい。
    注7)
    一戸建てとマンションとでは、ホームインスペクションの内容が一部異なります。
    注8)
    ホームインスペクション開始時間を事前(1週間程度前)にお知らせください。
    注9)
    サービスをご利用頂く方の個人情報等は秘密厳守とさせて頂きます。
    *

    ホームインスペクション・サービス 中古一戸建ての流れ

    *
    1
    お問い合わせフォームにてお問い合わせ下さい。
    *

    ▼

    *
    2
    お問い合わせフォームにてご確認させて頂いたお客様には、メールにて御連絡致します。
    *

    ▼

    *
    3
    お申込みフォーム にて正式にお申し込み下さい。
    *

    ▼

    *
    4
    弊所よりサービスご利用についての詳細な御案内メールを送信致します。
    (検査日時、必要書類、お見積書、注意事項、契約書等)
    *

    ▼

    *
    5
    下記資料のコピー及び関係書類を事前にメールまたはご郵送下さい。
    1. 現地案内図 (必須)
    2. 建物配置図又は外構図
    3. 各階平面図(間取り図) (必須)
    4. 立面図
    5. 断面図
    6. 矩計図(かなばかりず)  
    7. 仕上げ表・仕様書
    8. 各設備平面図(電気、給排水、ガス)  
    9. 物件概要書  
    10. 建築確認申請書(1~5面)  
    11. 検査済証(役所及び検査機関発行のもの)
    12. 地質調査書および地盤改良施工完了報告書(施工した場合のみ)  
    ホームインスペクション前に揃わない書類については当日コピー(弊所控え用)をお持ち下さい。
    上記書類を郵送される場合は、郵送代はお客様にてご負担願います。
    中古住宅の場合、上記書類の準備は容易ではないと思われますので、事前に不動産会社様に御確認下さい。
    *

    ▼

    *
    6
    サービス当日、御予定の時間に現地に出向きホームインスペクションを致します。
    ホームインスペクションの時間は3時間程度かかります。
    *

    ▼

    *
    7
    ホームインスペクション終了後に劣化事象について、お客様・弊所の二者で確認致します。
    *

    ▼

    *
    8
    サービス終了後、3日までに報告書を作成し、メールにて御報告致します
    *

    ▼

    *
    9
    サービス終了後(報告書提出後)、サービス御利用料金をお振込み頂きます。
    *
    *
    *

    ホームインスペクション・サービス 中古マンションの流れ

    *
    1
    お問い合わせフォームにてお問い合わせ下さい。
    *

    ▼

    *
    2
    お問い合わせフォームにてご確認させて頂いたお客様には、メールにて御連絡致します。
    *

    ▼

    *
    3
    お申込みフォーム にて正式にお申し込み下さい。
    *

    ▼

    *
    4
    弊所よりサービスご利用についての詳細な御案内メールを送信致します。
    (検査日時、必要書類、お見積書、注意事項、契約書等)
    *

    ▼

    *
    5
    下記資料のコピー及び関係書類を事前にメールまたはご郵送下さい。
    1. 現地案内図 (必須)
    2. 間取り図 (必須)
    3. 仕上げ表・仕様書
    4. 物件概要がわかる書類
    ホームインスペクション前に揃わない書類については当日コピー(弊所控え用)を お持ち下さい。
    上記書類を郵送される場合は、郵送代はお客様にてご負担願います。
    中古マンションの場合、上記書類の準備は容易ではないと思われますので、事前に不動産会社様に御確認下さい。
    *

    ▼

    *
    6
    サービス当日、御予定の時間に現地に出向きホームインスペクションを致します。
    ホームインスペクションの時間は2時間程度かかります。
    *

    ▼

    *
    7
    ホームインスペクション終了後に劣化事象について、お客様・弊所の二者で 確認致します。
    *

    ▼

    *
    8
    サービス終了後、3日までに報告書を作成し、メールにて御報告致します。
    *

    ▼

    *
    9
    サービス終了後(報告書提出後)、サービス御利用料金をお振込み頂きます。
    *
    *
    *

    耐震診断(ホームインスペクション中古一戸建てのオプションサービス)

    中古住宅において、特に昭和56年5月以前に建てられた、過去に大規模なリフォームがされたなどの条件にあてはまる中古住宅は耐震性に劣るケースが多々あります。
    よって、こういったケースにおいて耐震診断を行い建物の耐震性を確認したいものです。耐震診断はホームインスペクション・サービス(一戸建てに限る)のオプションとして弊所ではご希望に応じご提供致します。

    *

    サービスの注意事項

    注1)
    木造(在来工法)一戸建て(平屋、2階建)住宅が対象となります。
    注2)
    設計図書の有無、確認範囲により高い精度を得られない場合があります。
    注3)
    購入判断の参考材料としてご利用下さい。
    注4)
    本サービスのみのお申込みはできません。
    *

    シロアリ調査(ホームインスペクション中古一戸建ての無料オプションサービス)

    中古住宅の売買の際よくあるトラブルの一つにシロアリ被害があります。薬剤の効き目が切れる5年毎に、防蟻処理を行わなければシロアリ被害の可能性は高まります。しかし新築時から5年経過した多くの中古住宅は、こういった防蟻メンテナンスが継続的に行われてきたのかは疑問です。
    そこで中古住宅売買時にホームインスペクションと併せ、プロ(※)の目によりシロアリ調査を行う事で、シロアリ被害におけるトラブルを未然に防止させることができます。つまり中古住宅売買では安心して売買できる環境を作ることが非常に重要になってくるのです。

    *

    サービスの注意事項

    注1)
    ※ 業務委託業者による調査となります。
    注2)
    床下点検口があり、人が進入できるスペースがある場合に限ります。
    お申込み前に御確認下さい。
    注3)
    本サービスをお申込みされる時に併せてお申込み下さい。
    注4)
    本サービスのみのお申込みはできません。
    注5)
    本サービスにより業務委託業者から営業をすることは一切ありません。
    *

    名古屋(愛知県・岐阜県)近郊のホームインスペクション(住宅診断)ならHIあすなろ事務所へ

    【一戸建て住宅にお住まいの方へ】
    日本の住宅の寿命は約30年。新築後20年も経過すれば資産価値は0。 適切なメンテナンスは住宅の資産価値の保全と寿命を延ばしてくれます。ホームインスペクションは、メンテナンスやリフォームに非常に役立ち、将来のトラブルを未然に回避できます。快適な暮らしを得るため、ホームインスペクションは必要不可欠です。

    【不動産会社の方へ】
    今後、中古住宅市場は益々伸びていくことが予想される。そんな中、購入者は建物に対する不安やトラブルを回避したいという考えを持っています。 そこでホームインスペクションを行った中古物件は、お客様に「第三者機関で検査済み」という付加価値と安心感を与え、心理的プラスの効果を生み出します。そしてお客様と信頼関係を深め、売買後のリスク回避にも役立つでしょう。 ホームインスペクションは売買の円滑化が図れるとともにセールスポイントにもなり、今後において必要不可欠となるはずです。